スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


狂気

■ 映画情報




タイトル 狂気
製作年 2004 年
製作国 アメリカ
収録時間 87 分
出演者 ケリー・オーヴァートン ジョー・モートン サラ・ジェーン・ポッツ ジェームズ・ヘヴン
監督 マーク・エドウィン・ロビンソン
ジャンル サスペンス サイコ スリラー
あらすじ  旧約聖書の「マラキの書」をモチーフに、精神世界の果てしない暗黒迷宮を描いたサイコスリラー
 女医学生のエヴァは、赴任先の病院で男性患者・ドンの精神鑑定を命じられる。実母殺害の容疑で収監されている彼は、数日後犯行の詳細を語り始め…。

この映画の出演者をクリックすると、その出演者が出演する
他の映画をご覧頂けます。
また、監督も出演者同様に、その監督が手掛けた他の作品の映画情報を
ご覧頂けます。
 

■ 評価


映画評価3.5


■ リンク


狂気@映画生活




■ 感想、レビュー


精神病である男性患者・ドンは、徐々に語り始める。
しかし、彼の言うことは謎なことばかり。

「飲み物や食べ物には一切口にするな」
「マラキに気を付けろ」

彼のみならず、彼とは関係のない人たちまでもが口々に言う
「マラキ」とは一体何なんだろう!?

精神鑑定を行っているはずの自分が、段々と彼の狂気の世界
に引き込まれていく。そして、監視の目。。。

「マラキ」なのか!?「マラキ」とは何なのか。。。


ラストで謎は全て解けます(その前に分かる方もいると思いますが)。
男性患者・ドンが言っていたこと全て辻褄が合います。

何だよ!そんなことだったんかよっ!! 完璧にやられましたね。
ドンが言っていたことを思い出すと、笑いが込み上げてきましたよ。

拍子抜けする方もいるかもしれませんが、筆者的には、この映画の
ラストはありです。ただ、この映画のジャンルが、サイコスリラー
としていいのかどうか、ちょっと微妙ですね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hirokicktv.blog114.fc2.com/tb.php/34-6bccef34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。