スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン

■ 映画情報




タイトル X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン
製作年 2006 年
製作国 アメリカ
収録時間 104 分
出演者 ヒュー・ジャックマン イアン・マッケラン ハル・ベリー ファムケ・ヤンセン アンナ・パキン ケルシー・グラマー パトリック・スチュワート
監督 ブレット・ラトナー
ジャンル アクション SF 近未来 アメコミ
あらすじ  プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、‘ミュータントは病だ’と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬・キュアが開発される。「ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか」という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。
 「X-MEN」シリーズ最終章!

この映画の出演者をクリックすると、その出演者が出演する
他の映画をご覧頂けます。
また、監督も出演者同様に、その監督が手掛けた他の作品の映画情報を
ご覧頂けます。
 

■ 評価


映画評価2.0


■ リンク


X-MEN ファイナル ディシジョン@映画生活


※ これ以降は、ネタバレとまではいきませんが、それに近い表現が
ありますので、映画レビューをご覧になる場合は、充分お気を付けください。





■ 感想、レビュー


X-MEN シリーズ最終章。X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン。
やっちゃいましたね。。。個人的には、かなり不評です。
(レビュー順序が逆になりますが、そのうち X-MEN、X-MEN 2
の映画情報とレビューを掲載します。)

前作、前々策がなかなか良かっただけに、非常に残念。。。
期待していた分、相当拍子抜けしてしまいました。
監督が変わったからかな!?

シリーズもので、3 あたりから監督が変わっているのは要注意ですね。
ターミネーターとかそうでしたよね!?しかもターミネーター 3も、これと同じく、
筆者的にはやっちゃった感がありました。。。

それはさて置き、この映画でのマイナス点は、 サイクロップス に対する
扱いが酷いこと(彼って一応リーダーでしたよね!?アメコミは見てないので、
何とも云えませんが、映画では設定が違うのでしょうか?)。

あと、意外と マグニートー があっけなかったこと。ただ、ファイナルと
謳いながらも、何やら彼の最後のシーンが続編を期待させるような
終わり方でしたね。 プロフェッサーX があんなことになっちゃったので、
無いかもしれませんが。。。


シリーズとしてではなく、この映画単体だけとして評価すれば、それなりに
良いのかもしれません(CG等の演出は悪くないと思うので)。

ですが、シリーズ最終章ということで、前作と比較してしまうと、やはり
評価は格段に落ちてしまいます。


あ、でも、ウルヴァリン役の ヒュー・ジャックマン は、相変わらずです。
いい役柄だと思いますよ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hirokicktv.blog114.fc2.com/tb.php/33-b9fddb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009/03/08/03:05 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | ★「X-MEN:ファイナル ディシジョン」 06年9/9の公開初日のナイトショウ(23:50~)で観て来ました。 おさらいで、1・2作目は事前に見ておいたよーーーっ。

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。