スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コントロール

■ 映画情報




タイトル コントロール
製作年 2004 年
製作国 アメリカ
収録時間 105 分
出演者 レイ・リオッタ ウィレム・デフォー ミシェル・ロドリゲス
監督 テイム・ハンター
ジャンル サスペンス サイコ スリラー
あらすじ  人間とは思えぬ異常性から数々の凶悪犯罪を起こしてきた男、リー・レイ。人々から“怪物”と恐れられた彼は、その命と引換えにある医学プロジェクトに参加することになる。しかし・・・


 

■ 評価


☆3.5


■ リンク


コントロール@映画生活


※ これ以降は、ネタバレとなるような記事が書かれていることが
ありますので、ご覧になる場合は、充分お気を付けください。



■ 感想、レビュー


リー・レイを演じる主演 レイ・リオッタ の演技がすばらしいです。ファンの方なら必見でしょう。
ファンでなくても観て損はない映画です。

しかし、この映画のラストは後味がかなり悪いです。
極悪人から善人(何を以って善と呼ぶかは難しいですが)へようやく更正できたことを考えると、非常に切ないラストでもあります。

賛否両論かもしれませんが、被害者からの視点でいえば、この終わり方でよかったのかもしれません。
そもそも、裁判では死刑であったはずですし。

しかし、死刑や終身刑(日本にはありませんが)のあり方、加害者の社会復帰と被害者の感情、難しい問題ですね。凡人でヘタレの筆者には、一生考えても結論は出そうにありませんね。永遠の課題ですな。。。

リー・レイは極悪人でしたが、本当の極悪人とは、あの製薬会社のような人たちのことを云うのでしょう。うちの国のトップには、よもやそういう方たちは居ませんよね!?

えっ?居るからこんな状況になっちゃったって?まさかねぇ。。。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hirokicktv.blog114.fc2.com/tb.php/21-f8ecc6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。