スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


es [エス]

■ 映画情報




タイトル es [エス]
製作年 2001 年
製作国 ドイツ
収録時間 119 分
出演者 モーリッツ・ブライプトロイ
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
ジャンル サスペンス サイコ スリラー
あらすじ  1960 年 ~ 70 年にかけて行われた心理実験。アメリカの心理学会現会長のジンバルド教授による「監獄実験」を再現。
 被験者は、看守役と囚人役に分けられ、本物の監獄さながらの場所で、その実験は行われた。初めは、冗談まじりで笑う余裕すらあったが、次第に・・・


 

■ 評価


☆4.0


■ リンク


es@映画生活


※ これ以降は、ネタバレとまではいきませんが、それに近い表現が
あるかもしれませんので、ご覧になる場合は、充分お気を付けください。



■ 感想、レビュー


サイコ系の映画の中では、上位クラスと思われる作品(自己評価の中で)。また、非常におススメな作品でもあります。

人の性格にもよると思いますが、立場によって、あれ程までに意識が豹変するものでしょうか?
映画なんだから当たり前だと思われるかもしれませんが、この映画、実話を基に作られているんですよね。実際に行われた実験なんです。死者が出たところまでいったかどうかは知りませんが、恐ろしいですよね。

自分が看守だったら、あのクサい看守のようにはならず、気の小さい看守になっていたと思います。まぁ、実際気の小さいへタレですから。。。

囚人だったら?実験にせよ何にせよ囚人になるのは御免ですね。痛い目みるの嫌ですから。へタレが囚人やったって何の面白みもないでしょう。

それはさておき、この映画のような心理状態は、現代社会(学校とか職場とか)の中でよく起こっているような気がします。いや起こってますね。確実に。嘆かわしいことです。。。

戦争なんかでは、もっと酷いことが行われていることでしょう。
そんなことを痛感させられた映画でした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hirokicktv.blog114.fc2.com/tb.php/20-836ed643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。